WEBサイト制作はフリーランスしもむらへ【神奈川 東京】

Web制作フリーランスに必要な3つのスキル【全て実体験】

Life Programming

Web制作初心者

Web制作フリーランスになりたい Web制作フリーランスになるために必要なスキル、営業方法が知りたいな。。 あとWeb制作の将来性も知りたいな

こういった疑問に答えます。

この記事を書いている僕は、Web制作のフリーランスとして活動しつつPHPのエンジニアやWebサイトの運用に関わりマーケターとしても活動しています

Web制作やコンサルティングで最大月80万円稼ぐことも出来ました

プログラミングを始めてから3年、初案件を獲得してから約1年となった、こんな僕ですがなんとなくフリーランスについての体験談をまとめていきたいと思います

本記事のもくじ

Web制作フリーランスに必要な3つのスキル

Web制作フリーランスに必要な3つのスキル

Web制作をしていて必要だったなと思うスキルは大きく分けて以下の3つです

  • その①:技術力
  • その②:営業力
  • その③:向上力

それぞれ説明しますね

その①:技術力

もちろんフリーランスとして活動するなら、技術力はないと無理です、 独学するか就職するかがあります。

独学する場合は技術書かスクールで学ぶ方法があります

スクールだと2ヶ月で15万くらいで高いと思うかもですが、講師と環境を手に入れられると思うとコスパは良いかと。 独学ではやはりモチベ維持が大変です、、、

おすすめの学習方法

独学したい方

スクールで学びたい方

※上記の記事はWeb系のプログラミングを中心にしています。 他の言語を学びたい方は別途ググってください。

どのくらい技術力になったら初案件を取りに行くべきか?

自分でサイトが作れるようになったらまずはOKかなと

Web制作のフリーランスとしての第一歩としては5000円から1万円くらいの小さな案件から始めると思います

そんな案件は1ページのみの仕事だったり、既存のサイトの修正だったりの仕事だと思うのでその辺りは自分でゼロからサイトを作れるようになれば出来るレベル

その後は案件から勉強しつつ徐々に単価を上げていくのがオススメです。

就職する場合は?

Web制作会社さんなどに就職して副業しつつフリーランスを目指すのも良い方法だと思います

そして大半のWeb制作会社さんなどは外注パートナーさんを雇っており、フリーランスとの付き合いもあるはずなのでフリーランスとしての仕事の流れもわかるはず。


とはいえ、就職は嫌だな。。という方はインターンやアルバイトなどで働くのも良いと思います

Web制作会社さんは以外と柔軟な会社も多く、インターンやアルバイトでもリモートワークOKだったりするところもありますよ

インターンの探し方は以下の記事に書きました。

その②:営業力

フリーランスいわゆる自営業なので営業は必要 会社でもそうですよね

Web制作のフリーランスの営業方法としては大きく4つあるかなと

最初の案件はどこでとる?

現代だと最初の案件はクラウドソーシングかなと。

友人のサイトだったりを作れたら良いのですが僕はそんなトモダチがいなかったのでクラウドソーシングで探しました

クラウドソーシングサイトは悪いという人もいますが、クライアントさんによっては良い案件もあったりするのでよく考えつつ応募するのが良いかなと思います

この辺りの営業方法はこちらの記事にまとめたのでご覧ください

その③:向上力

Web制作のフリーランスが一番評価されるのはお客さんが満足した時。

そのためには何が必要か調べてたり、ぐぐったり人を引きつけるためのスキルを身に付けることが必要

Web制作のフリーランスだからと言ってWebサイトだけ作るわけではないです 僕の場合こんなことをやりました

  • デザイン
  • 動画編集
  • 広告運用
  • SEOアドバイス
  • Twitter運用アドバイス

もちろん、誰でも知っていることをアドバイスしているわけではなく自分自身で一度やったことのあることを経験談からお伝えしています

この辺りがWeb制作の付加価値になっていくのかなと。 とはいえ初心者はまずはしっかりとクライアントさんが求めているものを制作することが大切。

※運用まで見据えたサイトを制作したい方はこちらからご連絡ください。
お問い合わせ

Web制作フリーランスは稼げるのか

Web制作フリーランスは稼げるのか

結論としては稼げると思います

おおよその予算ですがWeb制作単体の場合はこんな感じ

  • 大手企業が発注するWeb制作代金:300万円以上
  • 中小企業が発注するWeb制作代金:30万円以上
  • クラウドソーシングサイトのWeb制作代金:10万円程度

フリーランスでも中小企業が発注するWeb制作案件を受注することも出来ます

ちなみに、フリーランスは制作会社より安くすくことが多いかというと、会社の場合、オフィスやリクルート代金が掛かってくるから フリーランスはそう言ったものがありません

※ここでひとつ注意点

Web制作に相場はないです。おおよその価格帯は決まっていますが、ヒアリングしつつ決めていくところが多いかなと。

なぜなら、要件によるから

例えば、Web制作を聞いて企業のロゴは作ると思いますか? 会社の写真は必要ですか?

人によっては必要だし要らない場合もある

そして、安く受けてくれる=良いではない Web制作における売り上げは、ほぼほぼ人件費です

かかる経費としてはサーバー代やドメイン代、その他外部ツールを使う場合 90%以上が人件費になります 安くなれば人件費が下がり、かけられる時間が少なくなります

フリーランスの場合、複数の案件を同時にこなしているのでやはりかけられる時間は案件規模によりますね

Web制作フリーランスの将来性

Web制作フリーランスの将来性

Web制作は、よくオワコンと言われることがよくあります

そういった人の僕の結論としては以下の通り

ただ、それは本質的には現状維持がオワコンの世の中ですよと言っていることなのかなと 過去にWeb制作をしていた人もいますが各分野に進んでいますね

過去にWeb制作をしていた人の例

あとデザイナーとかカメラマン、映像クリエーターになるパターンもあります

プログラミングスクールを運営しているまこなり社長さんも最初はコーダーだったそう

Web制作から入って他に進む人は多いです なお最初からWeb制作の次の分野は決めなくてもOKです

Web制作をしつつ好きな分野や気になることが見つかってくるかなと。

クライアントの動画を編集していたら動画編集が好きになったとか。 広告を運用したらお問い合わせが取れて興味を持ったとか

こんな感じです

要するに現代では会社員だろうがフリーランスだろうが常に時代を読んで行動しないとオワコン化します

何をしたら良いかわからない人は、興味を持っていることから動き出せばOK 。

このページを読んでいるなら、あなたはWeb制作に興味があるかもですね。

そしてあとは動き出すだけです。 まずは動いてみることがオススメです

Web制作に関連する記事

 

RELATED